MENU

Members研究班紹介

中村班

TFEB依存的・非依存的ポストリソソームシグナルによる個体および生殖寿命制御機構

我々の体は、精子や卵になる生殖細胞とそれ以外の体細胞とで構成されるが、生殖細胞の寿命(生殖寿命)と体細胞の寿命(個体寿命)がどのように制御され、互いに連携しているのかよく分かっていない。我々はリソソーム機能亢進に伴う「ポストリソソームシグナル」が生殖寿命、個体寿命の制御・連携の鍵を担っていると考え、モデル生物の線虫(C. elegans)を用いて、このメカニズムを明らかにする。領域内共同研究を通して種を超えた生殖・個体寿命制御・連携メカニズムの解明を目指す。

スタッフ

領域代表 中村修平 大阪大学 高等共創研究院 准教授
領域代表 中村修平
大阪大学 高等共創研究院 准教授

https://researchmap.jp/shuhei

https://yoshimori-lab.com/